読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーロン・マスクのすすめ

最高の男、イーロン・マスクについてのブログ

スペースXの船上着陸失敗は予想どおりだけど打ち上げには成功したよ

ファルコン9ロケット22号機の打ち上げが成功しました。SESの通信衛星の軌道投入です。人工衛星が投入されるのは静止軌道。最近の打ち上げでは人工衛星を低軌道へ投入していたので、ここらへんが今回のミッションの特徴でしょうか。 SESは人工衛星を取り扱…

スペースXが海上への着陸を必要とする理由 ~人工衛星の軌道投入~

スペースXのロケット着陸技術は2種類。陸上(打ち上げ場)への着陸と、海上(海に浮かべた船)への着陸です。2015年12月、スペースXは陸上へのロケット着陸に成功しました。歴史に残る偉業です。一方、度重なる挑戦にもかかわらず、まだスペースXは海…

2016年、スペースXの最初の打ち上げが成功。しかし、ロケットの着陸には失敗。

スペースXが2016年の最初の打ち上げに成功しました。ファルコン9ロケット21号機の打ち上げで、ペイロードは政府の人工衛星。海水位をモニターするJason-3衛星と呼ばれる政府の人工衛星です。 メインのミッションを成功させたスペースXですが、残念な…

2015年、イーロン・マスクが世界に与えた影響は計り知れない

イーロン・マスクという個人が存在するかしないかで、世界はその姿を大きく変えたでしょう。それぐらいこの男の影響力はすさまじい。2015年もイーロン・マスクは世界に多大な影響を与えつづけました。そこで、2015年にイーロン・マスクがおこした様…

スペースXの成功はイーロン・マスクに火星都市建設のリアリティを与えた

現地時間2015年12月21日、スペースXはファルコン9ロケット(20号機)を打ち上げ、搭載していた衛星11機すべての軌道設置に成功し、さらに第一段ロケットを地上へ垂直着陸させる偉業を成し遂げました。 スペースXのCEOであるイーロン・マスクは…

スペースXが半年ぶりの打ち上げに成功!垂直着陸の偉業も達成!

6月28日の打ち上げ失敗から約半年。爆発事故のあとスペースXがおこなったはじめての打ち上げが成功しました。今回の打ち上げの目的は2つ。オーブコムの衛星を軌道に乗せることと、ケープ・カナベラルへの垂直着陸です。 半年前の爆発事故によって相当プ…

ブルー・オリジンのニュー・シェパードが垂直着陸に成功 ~ファルコン9との違い~

AmazonのCEOでジェフ・ベゾスが設立したブルー・オリジンが単段式ロケットであるニュー・シェパードの打ち上げに成功しました。 ニュー・シェパードは目標の高度100kmまで無事に到達。高度100kmはカーマン・ラインと呼ばれ、国際航空連盟によってこの…

火星への核攻撃は人類を救う?

イーロン・マスクは人類を火星に移住させるために奮闘しています。スペースXで宇宙事業をおこなっているのもそのためです。 火星は(地球以外の)他の太陽系の惑星にくらべると地球に似た環境をもつ星なので、人類の移住先としてもっとも有力な候補だからで…

スペースXの打ち上げ失敗の原因はパーツの欠陥と慢心だった

6月28日、イーロン・マスクの誕生日に打ち上げられたスペースXのファルコン9は打ち上げから139秒後に爆発してしまいました。 打ち上げ失敗のあと、スペースXを率いるイーロン・マスクはツイッターで爆発の原因について暫定的な回答を近々発表すると宣…

スペースXの打ち上げ失敗についてイーロン・マスクが語ったこと

スペースXの打ち上げ失敗について、イーロン・マスクがISS R&D(国際宇宙ステーション研究開発)カンファレンスで語った内容をまとめます。 イーロン・マスクの感想 スペースXのファルコン9(19号機)が打ち上げられたのは6月28日です。この日はイーロ…

スペースXのロケット打ち上げ失敗のまとめ

先日、スペースXはファルコン9ロケットの打ち上げに失敗しました。ファルコン9にはドラゴン宇宙船が搭載されていて、国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を供給するミッションでした。 スペースXにとって、NASAと契約した物資供給ミッションにおけるはじめ…

ファルコン9の爆発

6月28日はイーロン・マスクの誕生日です。そして、イーロン・マスクは44歳の誕生日はクラッカーの代わりにロケットを打ち上げるという壮大なパーティーになりました。ただ、打ち上げまではよかったのですが、残念ながらファルコン9ロケットは空中で爆…

スペースXのライバルがコカ・コーラ等から資金調達

全地球規模のインターネット接続サービスをめぐって、イーロン・マスク率いるスペースXとリチャード・ブランソンがバックアップするワンウェブの競争が激化しています。 スペースXもワンウェブも低軌道上で大量の人工衛星を連動させる衛星コンステレーション…

イーロン・マスクは略語が大っ嫌い

イーロン・マスクは略語を憎んでいます。憎み過ぎて、彼はスペースXの全社員向けに「君たちがこれ以上略語を作り続けるなら、抜本的な対策をとるつもりだ」というメールまで送ったとのこと。一見、過剰な反応に見えますが、この背景にはイーロン・マスクが優…

スペースXが開催するハイパーループのコンペティション

昨日の話ですが、スペースXがハイパーループのコンペを開催するというニュースが飛び込んできました。そこで、今回はスペースXが開催するコンペとハイパーループについてやりたいと思います。 イーロン・マスクはロケット、電気自動車、太陽光パネル、バッテ…

スペースXによる全世界へのインターネット接続サービス

スペースXがFCC(連邦通信委員会)に人工衛星の試験をおこなうために申請を出したというニュースが世間を賑わせています。人工衛星を使って宇宙から地球の全地域にインターネットを提供するための試験です。最終的には4000機もの人工衛星を打ち上げて、…

イーロン・マスクの学習方法とその実践 〜ロケットエンジンのすすめ〜

今回は先日イーロン・マスクがリツイートした記事をご紹介したいと思います。こちらですね。 The Story of Tesla: http://t.co/z73rocumMi Nothing has every taken any human as long as this took me. Good luck. pic.twitter.com/fpP5pppdxt— Wait But Wh…

イーロン・マスクが抱える皮肉 〜ロケットエンジン〜

先日、イーロン・マスクが経営するスペースX社が米軍の衛星打ち上げの(入札)資格を取得しました。これはイーロン・マスクとスペースXにとって大きな勝利です。米軍の衛星打ち上げ契約は長らくユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)が独占してい…

スペースXの有人宇宙飛行へ向けた大きな一歩 〜パッドアボートテスト〜

昨日、スペースXにとって初めてとなるパッドアボートテストが実施されました。テストは無事に(おおよそ)成功。ということで、今回はスペースXのパッドアボートテストについてやっていきたいと思います。テスト動画が上がっていたので貼っておきますね。発…

アメリカにとってのスペースXと、イーロン・マスクにとってのスペースX

本日ファルコン9(18号機)の打ち上げが無事成功しました。ファルコン9はトルクメニスタン初の人工衛星を積んで宇宙に飛び立ちました。今回は対地同期軌道まで人工衛星を運ぶため燃料をフルで使う必要があったので、洋上プラットフォームへのロケット一…

人類が火星に行くべき4つの理由

イーロン・マスクはこう言います。 なぜ誰もまだ火星に行ってないのかが不思議でしょうがありませんでした。 月の次は火星だということは明らかですが、それに向けて私たちはまったく進歩していませんでした。 NASAのホームページを見ても、有人火星探査のミ…

イーロン・マスクが火星を目指す理由

今回はこちらの記事を紹介していきたいと思います。本当に素晴らしい記事で全文翻訳してお伝えしたいところですが、そうもいかないので印象的な箇所だけ引用しながらお話ししていきます。 <a href="http://www.slate.com/blogs/bad_astronomy/2015/04/16/…

スペースXの再使用可能ロケットへ向けた挑戦と失敗

本日4月15日にスペースXがファルコン9を打ち上げました。ファルコン9の打ち上げは17回目で、今回の17号機でも無事に打ち上げは成功。17回連続の成功です。いつものようにイーロン・マスクがTwitterで実況してくれてました。 打ち上げ3分前。 3 m…