読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーロン・マスクのすすめ

最高の男、イーロン・マスクについてのブログ

北極がやばい

化石燃料 地球温暖化

f:id:Elongeek:20160401221858j:plain

訳)BadAstronomerによる素晴らしい記事。最高温度に注意すべき。平均温度を気にしすぎ。最高温度がもっとも重要なのだ。

地球温暖化の阻止はイーロン・マスクのミッションの1つ。彼がテスラを経営し、ソーラーシティに関わっている理由です。本日発表されたテスラのモデル3もそのために開発されました。そんなイーロン・マスクが絶賛した記事。内容をまとめてみました。
 
北極がどんどん小さくなっている
北極の面積が縮小しています。北極の氷は夏に溶けて、冬に育ち、氷の面積が最大化するのは3月。今年2016年は3月24日で、海氷域面積は1452万平方キロメートルでした。これは観測史上もっとも小さい数字です。
 
北極はどんどん暑くなっている
北極は異常な温暖化を経験しています。12月、1月、2月の気温は異常に高かった。平年より11℃も高かったのです。北極の温暖化によって海氷域面積が減少したわけです。
 
古い氷もどんどんなくなっている
北極には夏になっても溶けずに数年残っている氷があります。そういう古い氷も溶けていってます。古い氷は冬に育つ氷のベースとなるので、海氷域面積の減少につながっていくのです。
 
北極の氷がなくなる
コンピューターモデルでは、2040年の夏に北極の氷は消滅すると予想されています。
北極の氷は毎年9月に面積が最小になるんですが、現在ではその面積はおよそ6000立方キロメートル。そして、北極の氷は10年で約3000立方キロメートルというハイペースで減少していっています。北極に氷がないという異常な事態がやってくるんです。
 
狂った実験
北極の変化を引き起こしているのは地球温暖化です。地球温暖化温室効果ガスが原因。そして、温室効果ガスは人類の化石燃料の消費によって激増しています。
北極の消滅を一例として、地球温暖化が及ぼす影響は様々です。何が起こるか全部予想することはできません。イーロン・マスクはこれを「狂った実験」と呼んでいます。
 
さて、ここまでが記事の内容ですが、ここからわかることは何でしょう。
 
平均気温よりも注意すべきことがある
19世紀から科学的な気温の観測がはじまりました。そこ(1906年)から2005年までに、地球の平均気温は0.78℃高くなりました。0.78℃。どうってことないんじゃない?と感じる方もいるでしょう。
ですが、0.78℃の上昇はあくまで地球の平均気温です。地域によって気温の上昇具合も違うし、影響も違う。北極の状況はその良い例なんです。イーロン・マスクが平均気温を気にしすぎと言ったのはこういうことでしょう。私たちは地球の全体的な温暖化を経験していると同時に、局所的に大きな気候変動も経験している。この事実を見過ごしてはいけませんね。
 
 

参考

www.techinsider.io

広告を非表示にする