読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーロン・マスクのすすめ

最高の男、イーロン・マスクについてのブログ

イーロン・マスクのスピーチに隠された秘密

f:id:Elongeek:20160225204243j:plain

人々はイーロン・マスクに魅了されます。能力や実績はもちろんのこと、彼のスピーチもきわめて魅力的。そこにはある秘密が隠されていました。
 
その秘密とは「現在形(現在時制)の多用」です。
イーロン・マスクはスピーチのなかで現在形を多用するのです。
 
秘密を暴いたのはNoah Zandanという人物。コミュニケーションを分析し、その結果をサービスとして提供する会社であるQuantified Communicationsの創業者・CEOです。
 
彼によると、イーロン・マスクは一般的な人々より4倍も多く現在形をつかっているそうです。
 
Zandanと彼のチームは、過去5年間におこなわれた40ものイーロン・マスクのスピーチを調べました。テスラの収支報告も含まれています。
 
一例として彼が提示したのがこちら。(黄色でハイライトされているのが現在形、未来時制は緑色です)
イーロン・マスクがいかに現在形を多用しているのかわかりますね。

f:id:Elongeek:20160225204332j:plain

 
ZandanはQuantified Communicationsで様々な人々の何百万というスピーチを定量化して人間のコミュニケーションのデータベースをつくりました。それらのスピーチを分析し、要素に分解して、徹底的に調査したのです。
 
その結果、イーロン・マスクに限らず、優れたリーダーは現在形を多用していることがわかりました。
 
彼らのスピーチでは一般的な人々よりも現在形が15%多く、未来形は14%少なかったそうです。
 
説得力があり、行動をおこさせるようなスピーチをするリーダーたちに共通する特徴だったのですね。
 
イーロン・マスクは火星移住、電気自動車や自動運転車の普及など輝かしい未来を約束してくれます。しかし、彼はそれをただ未来のこととして語るのではありません。現在すでに進行しはじめていることとして語っている。だから聴衆は魅了されるのです。
 
未来を現在に直結させる。イーロン・マスクの魅力的なスピーチの秘密は時制のつかい方にありました。
 
 
 

参考