読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーロン・マスクのすすめ

最高の男、イーロン・マスクについてのブログ

自動運転車を自作したハッカーの記事にイーロン・マスクとテスラが反論

f:id:Elongeek:20151218011152j:plain

Bloombergの「世界で初めてiPhoneをハックした人物が自動運転車を開発した」という記事にたいしてテスラがブログで反論し、イーロン・マスクがそれをツイートしました。

 

バンスの自動運転車に関する記事は正確じゃない。

 

記事はこちらです。

www.bloomberg.com

日本語で紹介されたのはこちら。

gigazine.net

 

ちなみに、この記事は今年「イーロン・マスク 未来を創る男」というイーロン・マスクの伝記本を書いたアシュリー・バンスによるものです。

 

記事は簡単に言うと天才プログラマーであるジョージ・ホッツが一ヶ月で市販車を改造して自動運転車を開発したという内容です。

ただ、イーロン・マスクとホッツの関係性や、テスラが自動運転システムに使っているMobilEyeよりもすごいシステムをホッツが開発する予定であることなど、イーロン・マスクテスラ関連の話が多く取り上げられています。

 

で、その記事への訂正と題して、イーロン・マスクテスラがブログで反論したというわけです。

www.teslamotors.com


テスラのブログによると、ホッツと彼が開発した自動運転技術について「しっかりとした広範なエンジニアリングの能力を欠いた個人や小さな会社が、量産車に搭載できるほどの自動運転システムを提供できる可能性はきわめて低いと考えている。」とのこと。

さらに、「既知の一本道で限定されたデモをおこなうくらいであれば可能かもしれない−テスラはすでにそのようなシステムを2年前に開発している−が、まったく違う道路を何百万マイルとデバッグするためには膨大なリソースが必要となる。」と述べています。

そして、「これが自動化の本当の問題」と前置きしたうえで、「機械学習のシステムを99%正しく動作させるのは比較的簡単だ。しかし、これを99.9999%にするのは圧倒的に難しい。」と、量産車に適用するには、ホッツの開発レベルが基準に達していないことを示しました。この基準が求めれる理由は、70マイル(約110キロ)で移動中ではわずかなミスが命取りになるからだそうです。

 

イーロン・マスクテスラがとくに反論したいのはテスラの自動運転システムの外注について。「はっきりさせないといけないのは、テスラの自動運転システムは設計も開発も内製であるということだ。ただ単に外注の技術をパックし直すだけであれば、私たちは量産車における革新的な経験を提供できる(現在のような)ユニークな立場にはいないだろう。」と述べています。

ただし、部品として優れているかぎり、「MobilEyeの視覚チップのようなもっとも進んだ部品技術は使い続けるつもりだ。」とのこと。

 

アシュリー・バンスの本の内容にも反論のツイートをしていたイーロン・マスクです。今回も反論すべきと感じたら躊躇なく反論する。イーロン・マスクらしい行動ですね。