読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーロン・マスクのすすめ

最高の男、イーロン・マスクについてのブログ

Appleからテスラモーターズへ ~人材が流出する2つの理由~

テスラモーターズ

f:id:Elongeek:20150403201644j:plain

 

自動車のコンピューター化

  テスラモーターズはすでにAppleから少なくとも150人の社員を引き抜いています。様々な企業から優秀な人材がテスラモーターズに移ってきていますが、Appleから引き抜かれた社員が一番多いそうです。なぜAppleなのでしょうか。考えられる理由は2つ。自動車のコンピューター化と、経営者のカリスマ性です。まずは1つ目の理由である自動車のコンピューター化からお話しましょう。

  自動車の究極のゴールは全自動運転です。イーロン・マスクによると自動運転が当たり前となる世の中はすぐそこまできているそうです。Googleの自動運転カーを担当しているChris Urmsonは5年以内に運転免許は必要なくなるだろうと明言しています。

  現在は全自動運転化の過渡期にあたり、多数の自動車メーカーが全自動運転を目指して開発に取り組んでいます。ダイムラーアウディ、日産そしてテスラモーターズGoogleなど従来の自動車メーカーから他分野の企業に至るまで、まるで総合格闘技のような様相を呈しています。Apple電気自動車への参入の噂が絶えません。これからますます自動車のコンピューター化が進み、このトレンドは今後変わることはないでしょう。

  自動車のコンピューター化が意味するのは、自動車産業におけるソフトウェアエンジニアの需要が高まるということです。とくにテスラモーターズ電気自動車Appleの製品との共通点が多くあります。最高の品質を求めると同時に美しさも追求する。そこに妥協は一切ありません。テスラモーターズ電気自動車は高度にコンピューター化され、iPadのようなタッチパネルスクリーンで自動車の機能をコントロールします。操作感は自動車のユーザーインターフェース革命と言っても過言ではありませんし、ソフトウェア・アップデートはOTA(無線通信)で実行されます。テスラモーターズの元Appleの社員によれば、自動車を作っているというよりiPhoneを作っているようだとのこと。優秀なソフトウェアエンジニアが自分たちの才能を活かして世界を変える製品を作りたいと思うのなら、テスラモーターズへの転職は正しい選択だと言えるでしょう。

  

経営者のカリスマ性

  Appleからテスラモーターズへ人材が流出するもう1つの理由をご説明しましょう。かつてスティーブ・ジョブズは自身のカリスマ性とビジョンによって大勢の才能をAppleに集結させました。現在イーロン・マスクはまさに同じことをやっているのです。イーロン・マスクが持つカリスマ性、世界を変革させるビジョン、徹底的な製品の美しさと品質へのこだわりは、Appleの社員たちにスティーブ・ジョブズを思い起こさせるのでしょう。2013年にAppleからテスラモーターズに移ったDoug Fieldはこう言っています。

テスラモーターズに加わるというのは)私にとって、そして多くの人々にとって、シリコンバレーでもっとも革新的な会社にいながら、世界で一番の自動車を作るという夢を追いかけるチャンスなのです。

http://businessweekme.com/Bloomberg/newsmid/190/newsid/443

  イーロン・マスクテスラモーターズで世界を変えようとしています。製品への異常なこだわりはカルト的とも言えるファンを生み出し、電気自動車の概念を変え、性能を大幅に向上させました。テスラモーターズで働く社員たちは世界を変革している実感があるはずです。先頭に立つイーロン・マスクは強力なリーダーシップを発揮し、圧倒的なスピード感で会社を成長させていきます。実際に、イーロン・マスクから面接を受けたApple社員たちはたちまち彼に魅了されテスラモーターズに移ってくるのです。BloombergのアナリストであるMorgan Stanleyは言います。

イーロンはAppleから人材を引き抜くのは簡単だと言っていました。彼自身で面接をおこない、(中略)すぐに優秀なソフトウェアエンジニアと意気投合し、(中略)ディープなコーディングの話題で盛り上がるのですから。

http://businessweekme.com/Bloomberg/newsmid/190/newsid/443

  経営者個人の力で素晴らしい才能を獲得する手法はスティーブ・ジョブズの真骨頂でした。現在のAppleのCEOであるティム・クックは、スティーブ・ジョブズが語るコンピューターの未来に圧倒され、リスクを恐れずに創造的才能のために働こうとを決意したそうです。しかし、現在のAppleにそのような魅力があるのかは疑問です。イーロン・マスクによれば、Appleテスラモーターズの社員を引き抜こうとして失敗に終わっているとのこと。Appleが提示したのは約3000万円のボーナスと給料の60%アップという破格の金額ですが、それでもテスラモーターズの社員はイーロン・マスクのもとに留まりました。

 かつてスティーブ・ジョブズというカリスマを抱えて多くの才能が集まってきたApple。現在その位置にいる企業は間違いなくテスラモーターズです。イーロン・マスク個人がもつカリスマ性やリーダーシップ、テスラモーターズが生み出す革新的な製品。世界一の企業であるAppleの社員を魅了し続ける理由はじつにシンプルで、テスラモーターズが偉大なリーダーとやりがいのある仕事を用意してくれるからでしょう。