読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーロン・マスクのすすめ

最高の男、イーロン・マスクについてのブログ

火星

2015年、イーロン・マスクが世界に与えた影響は計り知れない

イーロン・マスクという個人が存在するかしないかで、世界はその姿を大きく変えたでしょう。それぐらいこの男の影響力はすさまじい。2015年もイーロン・マスクは世界に多大な影響を与えつづけました。そこで、2015年にイーロン・マスクがおこした様…

スペースXの成功はイーロン・マスクに火星都市建設のリアリティを与えた

現地時間2015年12月21日、スペースXはファルコン9ロケット(20号機)を打ち上げ、搭載していた衛星11機すべての軌道設置に成功し、さらに第一段ロケットを地上へ垂直着陸させる偉業を成し遂げました。 スペースXのCEOであるイーロン・マスクは…

スペースXが半年ぶりの打ち上げに成功!垂直着陸の偉業も達成!

6月28日の打ち上げ失敗から約半年。爆発事故のあとスペースXがおこなったはじめての打ち上げが成功しました。今回の打ち上げの目的は2つ。オーブコムの衛星を軌道に乗せることと、ケープ・カナベラルへの垂直着陸です。 半年前の爆発事故によって相当プ…

イーロン・マスクが第三次世界大戦を心配する理由

イーロン・マスクはGQのインタビューで「私たちは第三次世界大戦が発生する可能性があることを認識する必要があります。そして、もし第三次世界大戦が発生したなら、これはもう過去に起きたどんなことより悪い。」と述べ、第三次世界大戦についての懸念を表…

火星への核攻撃は人類を救う?

イーロン・マスクは人類を火星に移住させるために奮闘しています。スペースXで宇宙事業をおこなっているのもそのためです。 火星は(地球以外の)他の太陽系の惑星にくらべると地球に似た環境をもつ星なので、人類の移住先としてもっとも有力な候補だからで…

ハイパーループ構想にふさわしい星は火星だったのかもしれない

飛行機、列車、船そして自動車に次ぐ5番目の交通機関として、イーロン・マスクが考案したハイパーループという乗り物があります。 ハイパーループとはチューブのなかに浮かんだ車体に人々が乗り込んで高速移動するというもの。新しい交通機関として期待され…

イーロン・マスクが抱える皮肉 〜ロケットエンジン〜

先日、イーロン・マスクが経営するスペースX社が米軍の衛星打ち上げの(入札)資格を取得しました。これはイーロン・マスクとスペースXにとって大きな勝利です。米軍の衛星打ち上げ契約は長らくユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)が独占してい…

人類が火星に行くべき4つの理由

イーロン・マスクはこう言います。 なぜ誰もまだ火星に行ってないのかが不思議でしょうがありませんでした。 月の次は火星だということは明らかですが、それに向けて私たちはまったく進歩していませんでした。 NASAのホームページを見ても、有人火星探査のミ…